生命保険の加入にあたって

病気や怪我は突発的な出来事なので、そのための備えは事前にしておく必要があります。
生命保険も備えの1つとして、あらかじめ加入しておくことが大切です。

ただし、生命保険の加入にあたっては、条件が課せられています。
生命保険に加入する場合は、将来的に病気などのリスクが低いことが条件に含まれます。
すでになんらかの症状があらわれている場合は、保険料が通常よりも高くなったり、保障内容が限られる可能性があります。

病気のリスクが高い人が生命保険に加入すると、高額な給付金が支払われる可能性が高まります。
保険会社にとっては経営上のマイナスが予想されるので、条件をつけることでリスクを回避しようとしているわけです。

加入当たっての条件としては、過去に大きな病気にかかったことが無いこと、健康状態がいいことなどが含まれます。
また、現状もしくは数ヶ月以内に治療を受けていないことが条件として、含まれることもあるようです。

様々な条件の中でも、特に条件が厳しいのが病気にまつわるものです。
現状でなんらかの病気を患っていて、通院している場合は治療が完全に終了するまで加入できないこともあります。

たとえば、風邪などの軽い症状であっても、完治するまでは生命保険への加入はしない方がいいでしょう。
事前に保険会社に伝えていなかったということになって、トラブルになる可能性もあります。

妊娠中の女性も妊娠周期によっては、加入を見合わせなければいけないこともあります。
また、極端に痩せている人や太っている人も病気のリスクが高まるため、加入できない場合もあります。

保険見直し相談関連情報