生命保険の解約返戻金について

生命保険に加入しても、様々な理由から解約に至ることもあります。
解約したときに保険会社から支払われるのが、解約返戻金です。

解約返戻金は加入期間が長いほど、受け取れる金額も高額となるとされています。
ただし、加入している生命保険によっては解約返戻金を受け取れないこともあるので確認する必要があります。

また、解約返戻金は加入してすぐに受け取れるケースはほとんどありません。
通常は加入後数年が経過している人が、解約返戻金を受け取れます。

解約返戻金を受け取ることができない主な理由としては、保険料の運用方法にあります。
加入者による保険料は全額保険金となるのではなく、保険会社によって事務経費などが差し引かれます。
保険料から事務経費を差し引いたものは付加保険料と呼ばれ、保険金として積み立てられていくものを純保険金と言われています。
支払われた保険料は、様々な名目に分かれていきます。
そのため、保険料がまるごと解約返戻金として手元に戻るということはないのです。

解約返戻金を受け取れるのは、生命保険では3年後と設定しているのが一般的です。
養老保険や定期保険では保険料が高額の傾向にあることから、解約返戻金も高額である場合が多いようです。掛け捨て型は低額の解約返戻金となる場合や、受け取れない場合もあります。

解約返戻金の方法などは、あらかじめ確かめておくと安心です。
生命保険を途中で解約する上で起こるデメリットも頭に入れた上で、解約するかどうかを検討しましょう。

保険見直し相談関連情報